団扇サボテンの花

2018年はココに投稿していきます。

団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年5月17日(木) 23:40

こんばんは、利野塚です。
今年も花の季節がやってきました。
私の栽培場では花が咲く団扇サボテンは少ないうえに、勤務時間中に咲いてしまうので、極端に花が少なく感じます。
そんな中でも花を見せてくれた団扇サボテンを紹介できたらと思います。

写真は「Micropuntia pulchella RP128」です。
実生苗をルリバキリンに接木した株になります。
まだ3号鉢ですが2つも蕾を付けてくれました。
……2輪とも夕方の閉じかけしか見られませんでしたが。
添付ファイル
IMG_5842.JPG
IMG_5842.JPG (115.6 KiB) 表示数: 381 回
IMG_5841.JPG
IMG_5841.JPG (156.7 KiB) 表示数: 381 回
IMG_5838.JPG
IMG_5838.JPG (98.48 KiB) 表示数: 381 回
IMG_5835.JPG
IMG_5835.JPG (111.16 KiB) 表示数: 381 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年6月01日(金) 23:25

こんばんは、利野塚です。
各地で梅雨入りしていますね。当地も入梅間近のせいか、気温の低下が見られます。
どうやらサボテン栽培のボーナスタイムは終了のようです。
今度は液肥を控え、通常の潅水に戻します。

写真は「Micropuntia pulchella SB1453」です。
実生苗をミカドキリンに接木した株になります。
こちらの株は休日に咲いてくれたので、完全に開いた状態を見ることができました。
やはり、団扇サボテンの花は綺麗です。
添付ファイル
IMG_5875.JPG
IMG_5875.JPG (162.12 KiB) 表示数: 353 回
IMG_5874.JPG
IMG_5874.JPG (133.97 KiB) 表示数: 353 回
IMG_5873.JPG
IMG_5873.JPG (114.73 KiB) 表示数: 353 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年6月14日(木) 20:56

こんばんは、利野塚です。
梅雨に入っても、真夏のような日差しと暑さの日があるので油断できません。
日焼けさせないように寒冷紗をかけたりしています。

写真は「Cumulopuntia subterranea ssp. pulcherrima」です。
今年は蕾が挙がる前に潅水してしまったせいか、一輪しか咲きませんでした。
しかも株に呑みこまれてしまい、不完全な開花です。
来年は、5月に入ってからも潅水は我慢した方が良さそうです。
添付ファイル
IMG_5918.JPG
IMG_5918.JPG (259.3 KiB) 表示数: 332 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年7月03日(火) 00:07

こんばんは、利野塚です。
梅雨が明けたらしいという発表がありましたが、台風の影響で雨が続くようです。
真夏の前に工場扇を設置しようと思います。

写真は「Opuntia salmiana」です。
これまで白色に淡桃色が乗る花弁だったのですが、今年は黄色が強い花となりました。
今までとの違いといえば、鉢増ししたことでしょうか。
株が大きくなり、開花に栄養を回す余裕ができ、花弁に色が乗ったのかもしれません。
添付ファイル
Opuntia salmiana 日カク_花.JPG
Opuntia salmiana 日カク_花.JPG (136.31 KiB) 表示数: 295 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年7月08日(日) 23:44

こんばんは、利野塚です。
地震のみならず大雨により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

写真は「Opuntia humifusa (= O. austrina)」です。
梅雨により蕾の期間が長かったせいか、いじけ気味の花になってしまいました。
種類によっては蕾のまま花弁が開かずに腐ってしまったのを考えれば、光沢を持った花弁が開いてくれたのは大変喜ばしいことでしょう。
添付ファイル
Opuntia austrina_花2.JPG
Opuntia austrina_花2.JPG (144.42 KiB) 表示数: 280 回
Opuntia austrina_花.JPG
Opuntia austrina_花.JPG (168.88 KiB) 表示数: 280 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年7月23日(月) 23:23

こんばんは、利野塚です。
大暑の今日、埼玉県の熊谷市で国内の観測史上最高となる41.1℃の気温を記録したそうです。
風も無風に近く、今日は厳しい日でした。

写真は「Opuntia salmiana」です。
上記とは別経路で入ってきた株で、同クローンと思っていたのですが、白色に淡桃色が乗る花が咲きました。
こちらも鉢増し、液肥も与えていたのですが……どうやら個体差や開花した花によって色の変化がありそうです。
添付ファイル
Opu_sal_Flo2.JPG
Opu_sal_Flo2.JPG (109.4 KiB) 表示数: 251 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年8月02日(木) 00:25

こんばんは、利野塚です。
台風の被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。
当地では雨が予想よりも少なかったものの、風が強かったです。
なお、温室内外は無事でした。

写真は「Tephrocactus articulatus f. oligacanthus」です。
日本で流通している武蔵野系テフロの中で一番花付きが良いようです。
夜中に撮影しましたが、意外と花が開いていたことに驚かされました。
白色ですが、桃色がかっているようにも見えます。
添付ファイル
Tep_art_oli_Flo.JPG
Tep_art_oli_Flo.JPG (153.7 KiB) 表示数: 235 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年8月03日(金) 00:11

こんばんは、利野塚です。
今日もうだるような暑さでした。
しかも朝から貴重な実生苗を鳥に齧られるという最悪な目覚めです。
こんなに暑くて不快でも生長し、蕾を上げ、花を咲かせるタイプのサボテンは本当に暑さが好きなんだなぁと感心させられます。

写真は「 Tephrocactus verschaffeltii」です。
MK464のコレクションナンバーで入ってきましたが、コンパクトで花付きが良いなどの特徴からMK1464だと思います。
問題はMK464にあたる植物が不明なことです。
とはいえ、桃色から橙色の花が美しく、丈夫でよく咲き、団扇特有の刺も少ないです。
増殖して普及に努める価値のある植物だと思います。
添付ファイル
Tep_ver_MK_Flo.JPG
Tep_ver_MK_Flo.JPG (138.14 KiB) 表示数: 230 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年8月06日(月) 23:04

こんばんは、利野塚です。
また台風がやってくるようです。
同時に台風になりそうな熱帯低気圧も発生しているようで、3連続台風上陸なんてことにならないように祈っています。

写真は「イチジクサボテン」で国華園から売りに出されていたウチワサボテンです。
Opuntia humifusa Spinelessといったところでしょうか。
日本に昔からある這団扇と違って、黄色の花の底に紅色がありません。黄色一色です。
曇りの日に撮影したので半開きですが、晴れればもっと開きます。
花弁も雄蕊も雌蕊も全てが黄色一色というのも美しいものですね。
添付ファイル
Opu_hum_Sl_Flo.JPG
Opu_hum_Sl_Flo.JPG (115.67 KiB) 表示数: 213 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24

Re: 団扇サボテンの花

投稿記事by rinoduka » 2018年8月20日(月) 23:48

こんばんは、利野塚です。
台風の影響で一気に秋めいてきましたが、一時的な物のようです。
もう暑いのは十分なのですが……

写真は「Cylindropuntia imbricata」です。
日本には古くに導入されたようですが、ほとんど流通しません。
綺麗な花が咲きますが、大きくならないと花付きが悪い上に、凶悪な刺が原因なのでしょう。
積雪に耐え、丈夫で育てやすく、変化に富むので集め甲斐があるとは思います。
添付ファイル
Cyl_imb_Flo.JPG
Cyl_imb_Flo.JPG (142.8 KiB) 表示数: 170 回
rinoduka
管理人
 
記事: 72
登録日時: 2012年1月14日(土) 15:24


Return to 2018年

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

cron